忍者ブログ
ミッドな夜にミッドなトークをお届けするミッドナイトトーク。 ネット放送局「ユニミックス」の番組、ミッドナイトトークは、こちらのブログの日記がベースになっています。 真実を追究していくことがミッドナイトトークのテーマです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニュースサイト「内憂外患」の記事。について僕の見解は少し表現が違う。

僕は北朝鮮は韓国を攻撃することもないだろうが、日本に対しても攻撃する意志も理由もないと考える。

万が一攻撃することがあるとすれば、裏で繋がった北朝鮮の軍部とアメリカ工作員による自作自演の時である。

今日本に対して新聞などマスコミを総動員して日本国民に植えつけようとしている北朝鮮脅威の目的は、アメリカの厳しい財政予算に対して、更に追加の資金調達を日本政府に要求するためである。


参院選前に突然増税を叫んだ菅首相の奇声は、あの時も今回と同じようにアメリカからの強烈な資金要求があったからである。

「内憂外患」今回の記事で最後の一文については利があると言えるかもしれない。

ここから以下は最後まで「内憂外患」の転載です。管理人のコメントはここまでです。





拍手[4回]


北朝鮮と韓国がいきり立って、戦争もしかねない勢いだと日本の新聞が書きたてているが、軍事的な常識からすれば、いまや北朝鮮も韓国も、戦争をするような立場にはない。

まして、北朝鮮が核兵器で韓国を攻撃すること等ありえない。


私は以前、テレビ番組のために韓国・ソウルの銀座ともいえる明洞の繁華街で、学生たちにインタビューしたことがある。

彼らのほとんどが指摘したのは、北朝鮮の金正日総書記は、韓国に対しては絶対に核兵器を使えないということだ。

「金正日が核兵器を使って韓国を攻撃したりすれば、南北朝鮮の歴史に大悪人として記され、未来永劫ののしられることになる」

学生の一人はこういったが、昔から、民族的にも家族的にも絆の固い朝鮮半島の人々にとって、金総書記が核兵器を使って、同胞を大量虐殺するとは考えられ ないのだ。

では通常兵力による戦争はどうかといえば、北朝鮮にはもはや通常兵力でも韓国を攻撃する能力はない。韓国は膨大な数のヘリコプターや戦車等の機 動力を持ち、十分な訓練をしている。

北朝鮮のスポンサーともいうべき中国は、こうした現状をよく知っている。その上、二〇一六年までは、三万人近いアメリカ陸軍の精鋭部隊が韓国内に駐留し ている。戦争が始まれば、中国もいやおうなく巻き込まれるから、北朝鮮に戦争を始めさせるつもりは全くない。

中国にとって北朝鮮とは、北東アジア政策の中 の、確実な手ゴマなのだ。

金総書記の常軌を逸した行動で、日本や台湾、西欧諸国を脅し、アメリカの力によって安定した北東アジアを、ゆさぶることができる。中国が考えているの は、そこまでである。

金総書記が戦争を始めて、結局は韓国に押しつぶされ、北朝鮮崩壊ということになれば、中国の北東アジア戦略が成り立たなくなってしま う。

~中略~

したがって日本がなすべきは、朝鮮半島の状況をただ見ているだけでなく、北朝鮮の核攻撃を察知したら先制攻撃をかけるだけの態勢を整えておくことだが、残念ながら平和憲法に縛られた我国には、その備えがない。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
リンク
現段階で信頼できるブログ一覧
お天気情報
プロフィール
HN:
レニーパスタ
性別:
男性
職業:
ジャーナリスト
趣味:
ボランティア
自己紹介:
自称「ジャーナリスト」
ネット放送局「ユニミックス」にてDJをしています。
番組名「ミッドナイトトーク」

ミッドな夜にミッドな気分で聞いていただけると嬉しいです。
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]