忍者ブログ
ミッドな夜にミッドなトークをお届けするミッドナイトトーク。 ネット放送局「ユニミックス」の番組、ミッドナイトトークは、こちらのブログの日記がベースになっています。 真実を追究していくことがミッドナイトトークのテーマです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

援け合いセンターを色いろと模索していたら、天木直人氏のブログで、ある記事を発見したが、これはある意味、今模索している形態に近いかもしれないと思ったので転載してみます。

拍手[1回]


記事元 http://www.amakiblog.com/archives/2011/09/12/#002028

<以下全文転載>

すなわちソウル中心部の麻浦区に「ソンミサン・マウル」という起業型
のコミュニティーがあるという。

 「やりたいことが実現する町」、「幸福な村」などと呼ばれているという。

 1994年、この地域に引っ越してきた若い共働きの夫婦25世帯が、
一般の幼稚園や保育園の画一的教育に満足できず、「自分たちで保育園を
つくろう」と庭付きの建物を共同購入。

 子供たちの成長に合わせ、受験の枠にとらわれない教育を目指す代案学校
(フリースクール)を開校。さらに地域FM放送局、カフェ、市民劇場、生協、
有機野菜を使った惣菜店などを次々に設立した。

 現在、事業、活動体は約80まで増え、多くの住民の手で運営され、経営
的にも軌道に乗りつつあるという。

 この活気にあこがれ、他の地域から転入してきたり、会社をやめてソンサ
ミンで起業する住民も現れた。

 まちづくりのモデルとして、メディアばかりか専門家の研究論文にも取り
上げられた。

 米国や日本の自治体などからの視察も相次いでいるという。

 最近、この地域を総合的に紹介する日本語のブックレットが発売された。
出版元で、日韓の交流を支援する活動を行なっているNPO法人「日本希望
製作所」の桔川純子事務局長はこう語っている。

 「ここで営まれているまちづくりは生活の上で直面してきた問題に住民が
試行錯誤で見つけたもの。日本では東日本大震災で、かつてないほど人々の
つながりが求められ、社会のあり方が問い直されている。ソンミサンの試み
はわれわれへのメッセージの一つになるのでは」と。

 これは私のいう「もう一つの日本」づくりに共通する考えだ。

 私の主張はそのようなコミュニティーづくりに政府が独占してきた予算と
権限(法体系)の一部を使うということである。

 政府が国民生活を救う事が出来ない以上、政府や政治家、官僚は不要だ。

 それを一気にボイコットできないまでも、その数を大幅に減らし、彼ら
が独占している立法権と予算権を、お願いして乞うのではなく、当然の権利
として要求することだ。

 文字通り、究極の事業仕分けである。

 原発事故被害者が声を上げれば誰も反対できない。今が絶好のチャンスだ。

 これを放射線被曝から子供を救う疎開村づくりに結びつけられないか
ということである。

 原発被害という人災の禍転じて福としなければならない。




<転載終了>
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
リンク
現段階で信頼できるブログ一覧
お天気情報
プロフィール
HN:
レニーパスタ
性別:
男性
職業:
ジャーナリスト
趣味:
ボランティア
自己紹介:
自称「ジャーナリスト」
ネット放送局「ユニミックス」にてDJをしています。
番組名「ミッドナイトトーク」

ミッドな夜にミッドな気分で聞いていただけると嬉しいです。
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]