忍者ブログ
ミッドな夜にミッドなトークをお届けするミッドナイトトーク。 ネット放送局「ユニミックス」の番組、ミッドナイトトークは、こちらのブログの日記がベースになっています。 真実を追究していくことがミッドナイトトークのテーマです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて国会では色んなことが進行していますが、やっぱり触れて欲しくない問題は郵政民営化に関する諸問題、りそな問題、機密費に関わる問題。JAL123便墜落(撃墜)事故に関する問題。

そして推進したい政策は、ガンの恐怖に対する洗脳報道。放射線を用いた早期発見。ワクチンを使った予防対策。

それに関連してガン保険や、終身保険のCM。投資のお話。


これらはすべてバチカンを発信源とするアメリカ・イルミナティの工作と関連している。

ヨーロッパにおいては同じくバチカンを発信源とするイギリスのイルミナティがヨーロッパ統一の工作に余念がない。

このアメリカイルミナティはキリスト教原理主義を背後に持ち、イギリスイルミナティはユダヤ原理主義を背後に持つ。

そして中東においてはイスラム原理主義。

みな面白いことに共通項がある。その共通項は原理主義という共通項である。

拍手[3回]


またしても聖書や西洋の宗教には比較的疎い日本人には説得力のない話題になるのだが、この原理主義という宗教は神の教えの聖書やコーランなどその一言一句をその如くに理解しようというものである。

例えば人間はある時、土から創造されたとかイエスは処女降誕(これはキリスト教において)であるとか、このように聖書に書かれた文字を比喩であったり何かの暗示であったりというような解釈はしない。

そのまま受け入れ信じようというのだ。

そして最も問題とされるのが人類の終末に関する理解である。

ハルマゲドンという言葉は日本人でも聞き覚えのある言葉だと思いますが、このハルマゲドンが過ぎ去らなければ救世主は降臨しないことになっている。

従って彼らはハルマゲドンを待ちわびている。そしてあるグループにおいてはハルマゲドンを起こそうとしているのだ。


人類の人口削減計画も聖書の言葉に則った世界統一政府樹立の一環なのである。

従って必要な種のみを残そうという発想が生まれて当たり前なのだ。

西洋の人間、特に原理主義に関わる人間はそれがWHOの最高責任者であっても、本来の人間の健康促進保護のために仕事をするのではなく、神の言葉に忠実に人口削減計画を遂行するための新型インフルや危険なワクチン、エイズウイルスなど平気で拡散させることに専念するのだ。



人間というものは精神的にあることに嵌まり込むと完全に常軌を逸することが簡単に起きてしまう生き物なのです。

そして霊的な存在でもあるので、原理主義的な教えに没頭すればどんなことが起こり得るかといえば、霊的な存在と思考が同調してしまうのです。

それがルシファー教団であり、これが悪魔教団なのだが、その存在を理解するのは、日本人には難しいだろうと思う。

イルミナティとはその本質が宗教なのだ。彼らは神を呪い、神に復讐しようとする組織であり、そのルーツはノアの箱舟で知られるノアという人物の時代にまで遡ることになる。これは聖書に基づけば今から4000年以上も昔の話になる。



実に気の遠くなるような話だが、これらを歴史的に紐解いていけば、現在の国際情勢のもつれがどこから始まったかが見えてくる。

すべてが兄弟喧嘩のようなものである。裏切ったとか、裏切られたとか、奪ったとか奪われたとか、ここは自分の土地であるとか、お前は後から来たんだとか、俺が年上でお前は年下だとか。



テレビの娯楽番組を楽しみ、今という平面しか見えない人々には、この世の異常としかいえない組織があることは永遠に理解できないでしょう。



しかし、この異常な組織に指示をされ、手先として動いている政治家や資本家が日本のトップに君臨しているのだから非常に危険なのだ。大企業では三菱や三井住友系列や大手製薬会社アステラスなど完全に支配されている。アステラスなどは「明日を照らす」ではなく「明日をなくす」=「アスナクス」に改名したほうが良いと思う。

アメリカイルミナティの戦略の一つに日本の大企業に外資を組み込むというものがあるが、ほぼ完全に終了している。大企業の株式を調べてみれば一目瞭然である。従って日本の大企業もアメリカ資本家の意のままに動かされるのである。


マスコミの場合はおおよそ金で買われて訳も分からず言われるままの報道をしている。

そしてこの世界の裏を知り、探ろうとする者がいた場合、職を奪われるか、生命の危機にまで及ぶ。



さて、そんな暗いことばかりではなく、悪魔教団がルシファーを信奉しているのだが、その悪魔教団の工作を阻止しようとして動いているのが神の集団である。その集団の数は半端ではない。

今や人口70億といわれる世の中で3分の一。すなわち20億を超えようとする勢いでその組織化が進んでいる。
3人に一人の割合になるが、あいにく日本だけを見るとその比率は当てはまらないようだ。
彼らの殆どは日本を離れた世界が活動の舞台となっている。


彼らには一つのグループという枠組みでは捕らえることが出来ない人間たちなのだ。

考え方そのものが宇宙規模である。

そこにはこれまでイスラム教の責任者をしていた人物であるとか、カトリックのある宗派の代表であったとか、宗教関係だけではなく、過去において、ある国の大統領であった人物であるとか、裏の世界で悪魔教団の手先として使われてきた科学者であったとか、ロシアにおいても著名な人物たちも関わってる。

彼らには国家とか宗派とかの壁は存在しないのだ。

何も著名な人物ばかりではない、一般人も多く関わっており、世界各地での奉仕活動にも市民レベルで従事している。


まだ全貌は明かされていないが、早ければこの2~3年で誰もが知るようになるのではないかと思う。

その群れが、悪魔教団の様々な悪事を阻止するためにあらゆる組織に入り込んでいるようである。

作り話だと思ってもらっても結構だが、アンテナを高くすれば自ずと見えてくるでしょう。



実は今の日本の政界も悪魔教団と神の集団が裏で動いている。表は政治家がうだうだやっているようにしか見えないが、様々な働きかけをしているのだ。政治家の取込作戦をしている。

従ってこの8月からは、もはや党レベルで判断してはいけない。自民党にも反自民になる人間が続々と生まれ、民主党にも反民主になる人間が続々と出てくる。

離党であるとか、新党結成などなど。また離党はせず居残り組みとして党の復活に働くものなど。



こんなことを言っている僕自身もテレビの娯楽番組を10分でも見続けていればあっという間に頭がボケてしまう。

それほどテレビの娯楽番組は恐ろしいと思う。思考レベルを一瞬にして低次元な個人意識に下げてしまうのだ。

娯楽番組を見ていて世界平和などという思考は生まれにくいのだ。

当然日本の危機などどこかへ飛んでいってしまう。



イルミナティの情報戦略は実に見事なまでに完成していることを思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
リンク
現段階で信頼できるブログ一覧
お天気情報
プロフィール
HN:
レニーパスタ
性別:
男性
職業:
ジャーナリスト
趣味:
ボランティア
自己紹介:
自称「ジャーナリスト」
ネット放送局「ユニミックス」にてDJをしています。
番組名「ミッドナイトトーク」

ミッドな夜にミッドな気分で聞いていただけると嬉しいです。
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]