忍者ブログ
ミッドな夜にミッドなトークをお届けするミッドナイトトーク。 ネット放送局「ユニミックス」の番組、ミッドナイトトークは、こちらのブログの日記がベースになっています。 真実を追究していくことがミッドナイトトークのテーマです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の米韓の軍事演習が終わり、ますます朝鮮半島を中心にアジアにおける緊張が高まっている。

今日ベンジャミンフルフォードさんのブログに北朝鮮が東京に核攻撃をし掛けよとしているという話があった。

もちろん、現実的には難しいだろうということだ。

しかしこんな情報はあまりにも意味のないものであり、読者を楽しませようとするレベルを超えない。

確かにアメリカはアジアや中東における戦争も画策している。

そんなことは全く問題ではなく、その先にある世界統一政府の実現化ということが問題なのだ。

ところがこれがなかなか上手くいっていない。

拍手[2回]


上手くいっていない理由は、世界の動きを正しく認識してない一部の政治家たちや間違った正義を振りかざして、これらの動きを妨害している無知なジャーナリストたちや民間団体NGOがいるためだ。


日本はアメリカに隷属しているという言葉は僕も良く使いますが、正確に言うとそれは戦後の40年間だけであり、その後はかなりアメリカ隷属ではなく、日本独自の道を行こうとしてきている。

よく考えてみてください。過去の歴史から今日の民主党政権までの政治史を。

戦後何もない日本がここまで経済大国として成長してきたのは、アメリカの傘の下で生き延びてきたからなのであり、でなければ今頃は北朝鮮か、中国、或いは旧ソ連の仲間入りをし共産国家となって今のような繁栄は見なかっただろう。

共産化されていたら、間違いなく経済の発展はなかった。


特に戦後のアメリカは今のアメリカとは全く中身が違っていた。

もし時間があればピューリタンやWASPの歴史を調べてみてください。

それを見ればいつからアメリカが狂い出したかが分かるでしょう。



さて、戦後40年が過ぎた頃から日本は国際社会の仲間入りをするようになった。

しかし未だ国連常任理事国としての位置を占めることが出来ないでいる。

国際社会に対して発言権はあっても決定権はもっていない。中国でさえも常任理事国入りしているにもかかわらずだ。

これは欧米の常任理事国たちの対アジア戦略への誤算であった。

もっと早くから日本を常任理事国入りさせておけば、アメリカやイギリスは中国に対する脅威を感じることがなかっただろうに。

今となってはもう遅い。

今日本という国は既にアメリカの隷属国家でなくなっているからです。

今常任理事国入りさせると、アメリカやイギリスの思惑通りにことを勧めることが出来なくなるからだ。

今、アメリカやイギリスにとって邪魔な存在は中国とロシアです。フランスもどちらかと言えば、現在中国・ロシア側である。

日本がもっと昔に常任理事国入りしていれば、まだアメリカ隷属の国家であり、日本の影響で中国やロシアが今のような勢力を持つまでにはならなかったのだが・・・。



では日本とアメリカは今どのような関係かといえば、共にけん制し合っている関係なのだ。共に脅し合っている関係。

互いに脅しをかけている。日本もアメリカを脅しているということを知る人は少ないのではないだろうか。



もう一度ここ数年間における総理の対アメリカ発言を振り返ってください。

特に金融危機以降、日本に対して巨額の資金提供を求めてきているが、時には強気で拒否している。

アメリカと日本の利害基準が一致したことに関しては合意している。



日本もアメリカに対する弱みを握っている。従って今日本が従属アメリカだという考えは間違っている。
隷属していないからアメリカはイライラしているのだ。



最後に、最近マスコミが取り上げなくなった統一教会と創価学会。

マスコミが取り上げなくなったことに対して国民は何も思わないだろうし記憶から消えていくのだ。



話し始めれば話すことが多すぎて困るが、統一教会と創価学会はアメリカや中国、北朝鮮ともしっかりと繋がっている。今のロシアの深層部でも繋がっている。

もちろんかなりの日本の議員たちとも繋がっている。


そしてマスコミが取り上げないところで色んな動きをしている。

リチャードコシミズ氏が語っていることと、実際のこととはかなり違っていますが、確かに政治的な戦略を数々打っています。


マスコミが取り上げないのは、アメリカに敵対しているからか、同調しているからか。
そのあたりはまたいずれの機会に。。。


互いにけん制し合っているアメリカと日本だが、どちらか一方が完全に窮地に陥った時が危ない。
逃げ場を失った時には、けん制ではなく攻撃を仕掛けるからだ。

だからアメリカを指導できる政治家が日本に立たなければ難しい情勢の中にあるのだ。


地方外国人参政権とも実は大きな関係があるのだが、マスコミを先導して反対するアメリカの意図を理解できないのか?日本の国民は。

地方外国人参政権。推進すべし。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
リンク
現段階で信頼できるブログ一覧
お天気情報
プロフィール
HN:
レニーパスタ
性別:
男性
職業:
ジャーナリスト
趣味:
ボランティア
自己紹介:
自称「ジャーナリスト」
ネット放送局「ユニミックス」にてDJをしています。
番組名「ミッドナイトトーク」

ミッドな夜にミッドな気分で聞いていただけると嬉しいです。
最新TB
バーコード
フリーエリア
忍者ブログ [PR]